格安でしたいなら繁忙期の引っ越しはやめておこう

1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことがその理由です。

 

多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと耳にしますが、詳細を聞いてみると、複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが指摘できるようです。

 

電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。引っ越しも色々ありまして、例えば全ての作業を業者に任せることもできますが、これを選ぶと、一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。荷物も少ない単身での引っ越しであるなら、ちゃんと単身用の引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。それだけでもう、引っ越しに必要な支出を相当減らすことができ、それなら、その分、新しい生活のため使えるというものです。家族の人数が多く、荷物も多いので、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。ところで、いつも迷うのが、心付けをどんなタイミングで渡すべきか、です。

 

正規の料金はもちろん、しっかり支払いますが、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて作業してくれた各々に千円を気持ちとしてお渡ししています。でもふと、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。